お知らせ

心の話

2021/07/27

心の話


こんにちは

今回は「心」についてのお話を書きたいと思います。
こちらについては、いろいろ絡み合っており、長い長いお話で、しかも難しいお話なので、頭の中をまとめるのに2ヵ月もかかってしまいました。
ちゃんとお伝えしきれるか分かりませんが、長いので、何度かに分けてお伝えしようと思います。

今日はまず心について。

心とは何か。

なんと、心とは「透明のグラスのような入れ物」だということです。
心=入れ物

ではなぜ「心が満たされる」「心が壊れる」
というような状態になるかというと、心=入れ物に入れているものによって変わってくるらしいのです。(入れているものについてはまた今度)

透明のグラスを想像してみてください。
そのグラスの中に水が入っているから「グラス」なのか
そのグラスの中にジュースが入れば「グラス」になるのか
いいえ、グラスは空でも、そのままで「完璧なグラス」ですよね。
グラスを指してグラスと言っているのであって、中にジュースや水が入っていようといまいと、グラスはグラスだと言えます。

心とは透明な入れ物であり、中に何が入っていてもいなくても透明の入れ物なのだ。
ということを覚えておいてくださいね。

ポイント
・心は透明な入れ物


続く。。。(近いうちに続きを書きます。(つもりです))

羽化

2021/06/26

羽化


こんばんは。

夏至も過ぎ、メタモルフォーゼも羽化の時期に入りましたよ。
サナギがいよいよ蝶になるといった感じでしょうか。

色んなことがグルグルしたり停止したようになったり(人により出方は違えど)変化の前触れを味わったかと思います。

以前、脱皮期というのがあったのですが、脱皮とメタモルフォーゼの違いは、脱皮はそのまま強くたくましく大きくなるような感じなのに対し、今回のメタモルフォーゼは全く別のものに変化する。
というところです。

ヘビは脱皮してもヘビなのに対し、サナギが全く違う形の蝶になるイメージをしていただくと分かりやすいかと思います。

ですから、なにかしら変化を味わえる時だと思います。
もちろん、3次元的に大きな変化があれば分かりやすくメタモルフォーゼですが、思考や価値観の変化などもあります。

羽化の時期だということを頭に置いておいていただくと、変化にも戸惑わないと思いますのでぜひ覚えておいて下さいね!
なんというか、岐路のようでもあり、2車線、3車線道路のようでもあり、、、
人によって感じ方は違うとは思いますが、そうゆう時期が来たと思って、まあ、それならそれで、楽しんでいきましょうって感じでよろしくおねがいします(笑)

脱皮のときもありましたが、まれに脱皮不全、今回は羽化不全と言うのでしょうか?
あまりにしんどいときは、帝王切開のように、(セッションになりますが)羽化のお手伝いをさせていただくことも可能でございますので、必要な時はご相談下さいませ〜。


そして、やはりエネルギーも消耗が激しいかもしれません。
逆に生気に満ち溢れるかもしれません。消耗タイプでしたら、無理しすぎないように!
遠隔ヒーリング(3300)もありますのでね。

みんなで
華麗にへーんしん!
致しましょう〜

メタモルフォーゼ

2021/06/10

メタモルフォーゼ


昨日の今日ですが、こちらもぜひお伝えしたいとおもいまして。

みなさんに
「最近どうなんですか?(エネルギー変化など)」
という、シンプルそうに聞こえてめちゃめちゃ難しい質問を受けることが多いのですが(笑)

この質問が多くなる=お知らせの更新してない

ということだと気づきました(笑)
そうゆう訳で、今日は最近の流れのことを書こうと思います。

さて、前に少し書いたのですが、エネルギーの逆流という時期があり、そのまま
変態期に入りました。

変態とは、芋虫がサナギになり、サナギが蝶になるような過程のことを指します。変態と書くと誤解があるといけないので、こちらではメタモルフォーゼと書きます。意味は同じです。

メタモルフォーゼの時期は、サナギの時期ですから、中は信じられないくらいうごめいている(まるで別の生き物になるくらいに)のに、見た目は死んだように動きがないような状態です。

この時期はエネルギーの活動はとても盛んですが、三次元的に動きがピタリと止まったり、また逆に、三次元的には目まぐるしいほど動きがあるのに、エネルギーがピタリと止まったように感じたりします。

どちらにせよ、ちょっとしんどい感じです。
人によって、どう出るかは分かりませんし、あまり影響のないかたもいるかもしれませんが、今はそうゆう時期なのだと知っていると、おかしいおかしいと思わなくて済むのでちょっと覚えておいていただくと良いかと思います!

この時期に出来ることは、
とにかく時期を待つ
ということですね。
焦らず待とうホトトギス(笑)という気持ちでよろしくお願いいたします。

お知らせまで~