お知らせ

心の話7

2021/08/25

心の話7


前回問題を整理してみましたが、今回は①について具体的にどうするのかを書いてみたいと思います。


① 思考にはパントリーがあるのに感情にはない問題

「感情の整理整頓」

感情にはパントリーがないので、感情が溢れたり、入り混じったりするのだと思います。
部屋でも、ラベリングされた引き出しがあれば、どこに何が入っているか、把握できます。
ラベリングどころか、引き出しさえなく、なんでもかんでも床にぽいぽい積み上げられているとどこに何があるのか分からないものです。
いやいや分かっているんです、という方がいますが、それは自分が分かっているだけで、他の人には分からないですよね。
感情も同じで、「なんでわかってくれないの?」という割に、片付いていないので分かりにくいのです。
それこそ、最初にお話ししたドリンクバーの機械を開けてみたらもうそこで中味が全部混じってた!
という状態になっているかもしれません。

まずは、感情にもパントリーを作ってあげる。
感情ごとにラベリングして感情ごとの部屋を固定で作ってあげる。

思考は、貯蔵庫から出した答えが間違ったときは、次の時には使いません。
失敗作としてシュレッダーにかけて廃棄処分します。そうしないと、何度も同じ失敗を繰り返すことになるからです。(わたし、このあたりの機能が壊れているかも?と気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、そちらについては別途ご相談下さい。ややこしくなるので今回はスルーします。)

感情でも、いらない感情に部屋は作りません。いらない感情はすぐシュレッダー部屋行きになるように作っていきます。これを作ることでいらない感情が通り過ぎる感覚はありますが、いらない感情がいつまでもあるというような感覚はなくなります。
このように、思考にあって感情にない貯蔵庫を作り、感情の整理整頓をします。
こうすることで、今まで感情のことを「汚部屋暮らしのよく分からない奴」と位置付けていた思考との連携や理解も深まり、分かり合える仲になってきます。

もうひとつ、面倒ですがこれもやらなくてはなりません。パントリーを完成させた後に、今、心に詰め込んでいる感情をひとつずつはがしていき、感情部屋に戻していくという作業です。心を「透明なグラスのような入れ物そのもの」に戻していくための作業です。

まずここまでの作業が①思考にはパントリーがあるのに感情にはない問題「感情の整理整頓」のセッションです。

セッション:感情の整理整頓
33,000円

セッションですので、ご来店いただく必要があります。
ご希望の方はご来店のご予約をお願いいたします。
(今ご予約が一番早くて来年の1月後半となっております。
大変お待たせして申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。)

心の話6

2021/08/16

心の話6


ではここで、今までの内容をまとめてみたいと思います。

心は透明のグラスのような入れ物。
心の中身は感情。
感情は海のよう。
感情を抑えるのは思考。
思考はパントリーのような知識の貯蔵庫を持っている。
思考システムは、その貯蔵庫からその時々に応じた解決策を出してくる。
心の位置は心臓のあたりではないか。

すごく簡単にポイントだけまとめてみるとこのような感じになります。

この中から問題となる箇所を書き出してみます。

① 思考にはパントリーがあるのに感情にはない問題
② 心の位置が悪すぎる問題

この2点が大問題なのではないかと思います。

以上、ここまでがわたくしの考察なのですが(うそです、チャネリングして聞いただけです(笑))
問題は解決してしまえば問題ではなくなるので、問題が分かれば解決に向かえます。
アルカンジェロが存在する意味はこのような問題をなんとかするためだと思っておりますのでね、なんとかします。(れいちゃんが)

具体的な方法はまた次回

心の話5

2021/08/14

心の話5


さて、今日はみなさんにお聞きしたいことがあります。

「まずあなたの心に手を当ててみて下さい」

当てましたか?
どこに当てました?
心臓?ハートチャクラ?
みなさん胸の辺りに手を当てられたんじゃないかなぁ?と思うのですがいかがでしょう?

今日お伝えしたいのは、「心の位置はそこでいいのか」問題です。
感情の数はエグく、時には嵐のように荒れ狂うのに、そこにあっていいんですか?ということです。

その辺り、私が思うに(いや本当に)心臓がありますよね。
心臓って人が生きるのに最も大切な臓器だと思うんです。
びっくりすると、心臓の鼓動はドキーーーッ!!!ドキドキドキッ!っと早くなり、「寿命が縮まったわ!」なんて言葉がでてしまうくらいです。

その辺りに心(透明の入れ物でしたね)があって、色々な感情が排出されてくるのですから、心臓も揺れ動いて、感情によっては「胸が痛い」「胸が締め付けられる」時には「胸がいっぱい」「胸が躍る」ようになることもあると思います。
でもこれは、冷静になると、心臓の表現ではないかと思います(笑)←笑い事ではないけれど
夢のない話ですが、ドキドキするのは心ではなく、心臓なのではないでしょうか・・・。


一旦ここで話を切りまして、次に進みたいと思います。


今日のポイント
心は体内にあるようだ(胸のあたり)