お知らせ

プライドの深掘り④

2021/10/08

プライドの深掘り④


今日も深掘りしてみますー


⑦ 認証⇔自己中

ここでいう認証とは認めることだと解釈しています。認めるというと簡単なことに聞こえますが、人が言うどんな言葉も一旦認める(受け入れる)包容力のようなものではないかと思います。そりゃないよーというような事でも「そうなんだね。」と認める。いったん認めたうえで「わたしの考えはこうだよ」と言う。真向否定したくなるけれど、価値観はその人その人で異なるのだということを認めるということでしょうか。
自己中というのは自分が正しい、自分が自分が!というもので、過剰な自己愛とも言えますし、自己防衛とも言えます。極端に書いていますが、これほどの主張はなくとも、どこかで小さな違和感というものがありますので、気にしてみて下さい。
どんな人にもその人なりの価値観があり、それは自由だし、あっていいということですね。
それを人に押し付けたら嫌がられますし、逆に押し付けられたときに感じる自分の拒否反応も認証の変形と考えられます。


⑧ 正しさ⇔正当化

先ほどの認証と少し重なる部分があるかもしれませんが、正しさとは、清く正しく美しいものだと思います。人間界のルールを基準として正しいのか、真理の面で正しいのか、その基準も人によって様々ですから難しいところです。
個人的な話ですが、私のモットーは、誰も知らなくても誰にも分からないかもしれないけれどわたしだけは知っている。というものです。何かやましいことをして、誰にも気づかれなかったとしても、自分だけは知っている。そうすると、後ろめたくなるだろう。自分に嘘がつけないから。何か良いことをしたとして、誰にも気づかれないかもしれないけれど、自分だけは知っている。小さなことだけれど、その積み重ねがとっても好きなんです。
正しさとは、自分で自分にあげるプレゼントのようなもので、決して誰かに認めてもらうものではないということですね。
正当化というのは、論理的(筋が通っている)でなく理屈(本人の都合の良いように筋が通っている、よく考えるとちっとも筋が通っていない)のようなもので、勝手な理屈で自分が正しいとアピールしていることですね。

プライドの深掘り➂

2021/10/06

プライドの深掘り➂


早速今日も深掘り致しましょう~


⑤ 比較⇔嫉妬

比較と聞いて、他の人との比較だと思ってしまいそうですが、本当の比較の真意は、自分自身の比較です。10年前の自分と、5年前の自分と、今の自分と。成長をしていく姿を客観的に比較して今の位置を知るというようなことです。ですが、隣の人と比べてみたり、よその人と比べてみたりすると、ゆがんだ比較になります。面白いのは、自分と誰かを比較するならまだ分かるような気もしますが、そのうち、うちの子とよその子、とか、うちの旦那さんとあそこの旦那さんとか、自分以外を比較して嘆いてみたりします。しなくていいのにしておいて、嫉妬してしまったり、妬んでしまったりします。
確実に言えることですが、完璧な人間はいません。誰しも得意なこと、逆に不得意なこともあります。それが個性で、価値なのです。これが得意だから(例えば勉強が得意だから偉い)とかそこだけにスポットを当てるのはずるいです。(言い方が悪いですが)
目立つところや分かりやすいところが得意な人には褒めることが多くなるかもしれません。しかし、目立たない得意や分かりにくい得意もあります。それぞれです。だから、比較対象は人でなく、自分自身。同じ人間など一人もいないのだから嫉妬もする必要がありません。むしろ比較ができません。


⑥ 謙虚⇔高慢

謙虚とは自分を偉いものと思わず、素直に他に学ぶ気持ちがあること。とあります。
素敵ですね、大人でも子供でも、楽しそうな未知のものにキラキラした目でワクワクしているのだろうという雰囲気が伝わってきます。そこに、お金持ちとか高学歴とかは関係がないと思うんです。
高慢は意地とか自尊心とかの変形にも関わってくると思うのですが、何とどう比べて何がどう偉いのか分かりませんが、高慢=偉そうになってしまうというものですね。
言葉で言うと、○○してやっている。というたぐいの、上から目線?今で言うとマウント取ってくる?という感じでしょうか。誰の得にもならないものですね。
こうゆう話をすると、昔読んだ4コマ漫画を思い出してしまうのですが(何ていう漫画か思い出したいのに思い出せませんが)

蕎麦屋にて
店員:お客様、お一人様相席よろしいですか?
A:ええ、いいですよ
店員:ありがとうございます。お一人様こちらのお席にどうぞ
B:(相席するなり)はし!
A:・・・・・??(箸を渡す)
B:お茶!
A:(イラッ)・・・貴様!何様だー
B:お一人様だ(<(`^´)>エッヘン)
(笑)

っていうやつなんですが、偉そうな態度が印象的過ぎて(笑)
お一人様って(笑)(笑)
読んだの25年ぐらい前だと思うのですが未だに一番好きな4コマです(笑)
どなたかご存じでしたら何の漫画か教えて下さい(買いたい)
主人公はウサギだったような。。。(曖昧)

偉そうな人を見ると、「何様だよ!」と思いながら「あ、お一人様ね!」と脳内が勝手に繋げて腹も立たない日々をいただいたありがたいバイブルなので、みなさんも是非ご利用ください(笑)


続きはまた次回~

プライドの深掘り②

2021/10/04

プライドの深掘り②


今回も深掘りしていきたいと思います。


③ 志⇔意地

志とは、こころざしと読みます。志すこと、すなわち、「こうしよう」と心に決めることです。
それは人生を歩む中で、目標や道しるべになるので良いことですね。「こうしよう」「こうなりたい」と努力をするうちに、「こうするにはこうしなければならない」「ここまでやらなければならない」のように任務を課すようになるともう、自分との戦いが始まっているということになります。志は楽しいものです。こうなれたら素敵だと思って始めたはずが、任務かノルマかのように自分に課すことは志というより義務です。
意地でやる、というのは、楽しいというより苦しい響きに聞こえます。志は、ずっと同じでなくてもいいし、順を追って少しずつ変わっていっても良いと思います。
難しいならもう少し簡単にしてもいいし、やりやすいように工夫をしたり、環境を整える努力をすることも志の一部だと思います。なにがなんでも意地でがんばる姿は、かっこよくもありますが、戦い抜く力や、根性、忍耐力、色々なものが必要になります。こうなりたいとワクワクしているのに、根性や忍耐という底力の意地が必要だなんて、そりゃあくじけたくもなります。
志は誰かの方法でなく、自分に合った方法でいいじゃない!という気持ちで持つのが一番だと思います。そして、誰かに認められるために持つものではなく、自分の人生の彩りとして持つエレガントなものだということを頭に置くと良いと思います。


④ 相対⇔絶対

相対とは、他の何かと(または誰かと)の相互作用に対する表現だと受け取っております。一人では成し遂げることのできない何かをお互いに補い合う関係性のことです。
お互いに補い合うという言葉は簡単に聞こえますが、これが真理だと思います。
どちらかがどちらかのために犠牲になるのは相対ではありません。すごいバランスの上で成り立つものだと思います。得意と不得意は誰にでもあります。不得意なことを他の何かや誰かに担ってもらうのは悪いことではない。ということです。そこで、同等なものをお返しする、その労力に見なったものをお返しする(対価)というシステムは出来上がっています。
問題は、犠牲がないかという部分になるかと思います。絶対というのは支配にも似たものなのではないでしょうか。お互いにとって良いと思える選択ができれば、相対を築けると思います。


ではまたー